Press "Enter" to skip to content

引越しを平日に行いたい人のための基礎知識

引越しを平日に行う理由は人によって様々ありますが、仕事を休まなくてはならない点は考慮しなくてはならないとしても、必ずしもデメリットばかりではありません。反対に土日に引っ越しを行う理由は、仕事の休みが土日だからという理由が多いかも知れません。ですが、引っ越しには荷物の搬出と搬入以外にも梱包や片付けなど、様々なミッションがあるので、土日二日間を要したとしてもその期間で終わらせるのは難しくなります。更に付随してやらなければならない事としては、転居前の近隣住民へのあいさつや転居後のご近所への挨拶もありますし、各役所関係や郵便局などへ行き手続きも複数済ませなくてはなりません。特に役所関係の手続きは土日では役所が空いていない事がほとんどなので、結局は平時に時間を作る事になるものです。

引越しを平日に行うかどうかで料金は変わるのか

先ず引越しを平日に行うか、土日に行うかではなく根本的に引越しはどのように料金が決まるのかですが、料金が決まる基準を説明します。全ての引越し業者がこれに該当するわけではありませんが、大体どこの引越し業者も作業する人数と荷物を運ぶ距離に、実際に運ぶ荷物の量で料金が決まってきます。それでは自分たちが手伝って作業する人数は最低限トラックを運転する人だけにしたいところですが、そうはいかないので大体4人家族くらいの引越しであれば作業員は3人ほどが多くなります。それに距離は市内と市外や、陸路だけでは運搬できない場所への引越しとなる場合などで、かなり幅が出てくるので、見積もりはいくつかの業者を見た方がいいです。いろいろな引越し業者によって得意な引越し先などもあるので、口コミも併せてチェックしましょう。

引越しは平日だと時間が有効に使えます

見積もりを出してもらう時のポイントとしては、どこの業者も自分の所を使って欲しいので、即決ならいくらにしますなんて事も言われたりします。ですがそこはぐっとこらえて、他の業者も見積もりしてもらってからにしますと一旦断った方がいいでしょう。ただし、見積もりに来てもらう前には自分の中で予算をある程度組んでから見積もりを出すので、それからオーバーしていなければ即決しても問題はありません。更に見積もりを出してもらう時には、平日と土日で料金は変わらないという引越し業者でも平日の暇な時期なら、ある程度のサービスが見込める事もある上に時間の融通も利くので、平日の料金がいくらか一旦見積もりが出てから、時間指定をしなければいくらになるかという条件でも聞いてみるといいかも知れません。